開運、パワースポットで御朱印めぐり

趣味の御朱印集めでお勧め旅のご案内

神秘の神池。謎に包まれたパワースポット、海の守護神と呼ばれる大瀬神社。

ちょっと足を延ばさないと行くことはないかもしれない伊豆の下田の少し先にある大瀬崎。

ここには不思議な泉があり、神池と呼ばれています。

沼津に程近い岬のとったんに鳥居があります。

大瀬神社


駿河湾漁民の信仰の象徴である大瀬神社は、海の守護神として知られています。
船を新造する時には、必ずこの神社に参詣し、海上の安全を祈願したと言われています。

大瀬神社引手力命神社(ひきてちからのみことじんじゃ) 創建時期は、白鳳13年(684年)に発生した大地震に伴って海底が突然三百丈余も隆起して「琵琶島(びわじま)」と呼ばれる島が出現したため、同時期の地震で多くの土地が海没した土佐国から神が土地を引いてきたのだ、と考えた人々がここに引手力命を祀ったのが最初、とも言われています



f:id:betamomoko:20181011162731j:plainf:id:betamomoko:20181011162804j:plain

神社の正式な名称は引手力命神社(ひきてちからのみことじんじゃ)というんですね。

社殿周辺には自然に群生したビャクシン樹林。そしてビャクシンに囲まれて神池があります。


神池

大瀬崎の先端に位置する神池は、最長部の直径がおよそ100メートルほどの池で伊豆七不思議の一つに数えられています。

海から最も近いところでは距離が15メートルほど、標高もおよそ1ないし2メートルしかなく、海が荒れた日には海水が吹き込むにもかかわらず淡水池であり、コイやフナ、ナマズなどの淡水魚が多数生息している不思議な池です。
一説によると富士山から伏流水が湧き出ている、などとする説もある一方、海水面の上下に従って水面の高さが変わるとも言われており、何故淡水池であるかは明らかにされていません。
f:id:betamomoko:20181011163630j:plain

海水が溜まっているのではありません。池ですが、淡水池なのです。
海岸からほんの数十mしか離れておらず、標高もたかだか1mほど。それなのに海水は含まれておらず、鯉やナマズなど無数の淡水魚が生息しています。

何故、淡水なのか未だ解明されていない不思議な池なのです。

ビャクシン樹林

大瀬崎一帯は、約百三十本のビャクシンに覆われ、樹林を形成している。ビャクシンの樹林としては日本の最北端で、イブキの品種であるビャクシンが自然発生のまま、このように群生している所は、全国的に見てもまれである。
樹齢千年以上と思われる老木も見られるこの樹林は、全国的に珍しいものとされ、昭和7年7月25日(1932年)に「大瀬崎のビャクシン樹林」として国から天然記念物に指定されています。
f:id:betamomoko:20181011164337j:plain


神秘的な西伊豆が誇るパワースポットで、大自然のエネルギーを感じることができる、素敵な場所です。