開運、パワースポットで御朱印めぐり

趣味の御朱印集めでお勧め旅のご案内

まもなく訪れる神無月。神様がいない月に神社へ行っても御利益あるの?

9月も終わりに近づきまもなく10月(神無月)になります。

神無月は全国の神様が神社を留守にして島根県出雲大社に集結すると言われています。
f:id:betamomoko:20180920170833j:plain
なぜ出雲大社に神様が全員集まるのかというと、出雲大社の祭神である大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)が、自分の子供たちを全国に置き、各地を護らせているからです。
そして、年に1度、子孫達を呼び集めるそうです。

では、本当に神社から神様が居なくなるの?って思いますよね。

大丈夫です。

ちゃんと留守番の神様がいらっしゃいます。

恵比寿様や大黒様がそうです。f:id:betamomoko:20180923175149j:plain

恵比寿様は七福神の一神で、右手に釣り竿、左手に鯛を持っています。商売繁盛や漁村では豊漁の神、農村では豊作の神として、古くから信仰されてきました。

10月に恵比寿神に感謝し、家内安全や五穀豊穣を祈願する「恵比寿講」が行われる地方もあります。

なので恵比寿様が抜擢されたといわれています。

ちなみに神無月は旧暦でかぞえられるので、今年は11月8日から12月6日です。


10月ではありませんね。^_^

神無月といっても神様がいない訳ではないので、ちょっと安心しました。

と、いう訳で10月もパワーを求めて神社参拝へ行こうと思います。


山の奥にある神社は、11月になると入山禁止となる所が多いので
旧暦の神無月には、参拝できないようになります。

行くならお早めに。